黒子のバスケ第96Q - マンガは大切なコトを教えてくれる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

【タグ】
  • No Tag

黒子のバスケ第96Q

「諦めろ」

バスケは気にくわないから嫌と
即答で一蹴したリコ先輩。

バスケが嫌いというわけではなく
帝光中の圧倒的一強状態で他が
どこか勝つことを諦めてるのが嫌で
本気で一番目指すくらいじゃなきゃ
引き受けないと言われる。

もともと頑張り屋だった日向先輩だが
頑張っても頑張っても結果がついてこず
高校ではバスケをやらなくなってしまった。

それを知りばったりファミレスで日向先輩と会った
木吉先輩は逃走した日向先輩を追いかけ
これが最後。ハンデとして
木吉先輩相手に一本でもとれれば
日向先輩の勝ちでもうバスケには
誘わないという条件で1on1を持ちかける。

ファミレスでボケてたのとは別人のように
真剣な表情の木吉先輩。
さすがは無冠の五将の1人だけあって
日向先輩はなかなか一本をとることができず
ついに木吉先輩に“もう諦めろ”と言われる。

しかし、これは勝負を諦めろということではなく
“バスケを諦めるのを諦めろ”という意味だった。
木吉先輩がずっと日向先輩を誘っていたのは
日向先輩が自分以上にバスケが大好きだとわかっていたから。

日向先輩から見て恵まれた奴と思われた木吉先輩も
帝光の天才と戦って絶望を味わい何度もバッシュを
捨てようと思ったがどんなに絶望を味わっても
バスケが好きという気持ちがありできなかった。

それを聞いていた
日向先輩もついに本音をはき出し
ここからどうやって創部へと辿り着くのか・・・。


黒子のバスケ(10)

木吉先輩の真顔のボケは
相変わらず面白いなぁ(笑)
そしてまさかファミレスで
伊月先輩がダジャレに目覚めるとは( ̄□ ̄;)

関連記事


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

【タグ】
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mangatosyokan.blog27.fc2.com/tb.php/148-33d19032

フィードメーター - マンガは大切なコトを教えてくれる ブログパーツ 全国リゾート地アルバイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。