黒子のバスケ 第127Q - マンガは大切なコトを教えてくれる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

【タグ】
  • No Tag

黒子のバスケ 第127Q

「万策尽きた」

すげー久しぶりに感想書くので若干緊張気味です(笑)


10月から黒子のバスケのアニメ2期が始まるというのを
最近知ったので、それなら感想の続きも書こうかと思ったんですが、
いざ、書こうとしたら1つ問題が発生しまして。


ブログを遡ると続きは126Qなんですけど、
家の中を探しても、127Qからしかない。


ちゃんと探せばどっかしらにあるはずなんですけど、
大掃除しなきゃいけないレベルで時間もかかるため、
仕方なく126Qは飛ばして書いていくことにします。


とはいっても、どこまで書いたのかも忘れてまして。
何やら冒頭から青峰が第2ラウンド開始といこうか
とかギラギラしてたり。


黒子は桐皇のキャプテンにみっちりマークされてて、
いきなりピンチでヤバそうな雰囲気がプンプン。


この空気をどうにかしようと火神が仕掛けるも、
野獣のような青峰の気迫に押されてしまい、
動けなくてカットされて誰一人止めることが出来ず、


頼みの火神でさえも、
空中でクルッとかわされてダンクを決められる。


野獣のような顔でダンクを決めた青峰を見て、
火神は見とれちゃってるし。


火神との戦いで野生の感覚を取り戻たようですが、
これはアレックスが火神をフリーバスケの中に突っ込んで、
野生の感覚を身につけさせたのと同じ状況やったんかな。


そんな青峰の一撃でデフェンス面も動きが良くなり、
ピンチな上に霧崎戦でみせた黒子だけが自由に動き、
パスルートを変える奴も桐皇キャプテンの前では完全に封じられ、


おまけに黒子のミスディレクションまで完全に切れてしまい、
海常のキャプテンも逆転はなく万策尽きた誠凛の負け
と言われてしまい第3Qにして大ピンチです。

【送料無料】黒子のバスケ(15)...

【送料無料】黒子のバスケ(15)...
価格:420円(税込、送料込)



関連記事


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

コメント
非公開コメント

フィードメーター - マンガは大切なコトを教えてくれる ブログパーツ 全国リゾート地アルバイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。